スポンサーリンク

【心に響く偉人の言葉】マザー・テレサの名言に学ぶ。

心に響く言葉・名言
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

マザー・テレサの略歴

 

本名、アグネス・ゴンジャ・ボヤジュ。カトリック教会の修道女にして修道会(神の愛の宣教者会)の創立者。カトリック教会の聖人。

貧しい人【飢えた人、裸の人、家のない人、体の不自由な人、病気の人、必要とされることのないすべての人、愛されていない人、誰からも世話されない人】のため働くことに一生を捧げた。

20年近く続けた教師生活をやめ、単身スラム街で働き始める。

彼女の平和への貢献度は高く、ノーベル平和賞をはじめ、多くの賞が贈られた。

今でも、彼女の活動により世界に広がった施設でのボランティア活動に参加する人は数多く、利他の精神を後世に渡って幅広く伝えた人物といえる。

 

そんな彼女が残した名言から学んでいきたいと思う。

 

【国】:マケドニア スコピエ

【生】:1910年8月26日

【没】:1997年9月5日(87歳)

 

 

心に響く言葉、マザー・テレサの名言

 

★思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 

★愛の反対は憎しみではなく無関心です。

 

★人はしばしば不合理で、非理論的で、自己中心です。それでも許しなさい。

 

★正直で誠実であれば、人はあなたをだますかもしれません。それでも正直に誠実でいなさい。

 

★人にやさしくすると、人はあなたに何か騙された動機があるはずだ、と非難するかもしれません。それでも人にやさしくしなさい。

 

★成功をすると、不実な友と、本当の敵を得てしまうことでしょう。それでも成功しなさい。

 

★あなたは、あなたであればいい。

 

★歳月を費やして作り上げたものが、一晩で壊されてしまうことになるかもしれません。それでも作り続けなさい。

 

★心を穏やかにし幸福を見つけると、妬まれるかもしれません。それでも幸福でいなさい。

 

★今日善い行いをしても、次の日には忘れられるでしょう。それでも善い行いを続けなさい。

 

★持っている一番いいものを分け与えても、決して十分ではないでしょう。それでも一番いいものを分け与えなさい。

 

★この世界は食べ物に対する飢餓よりも、愛や感謝に対する飢餓の方が大きいのです。

 

★貧しいことは美しい事です。

 

★平和は微笑みから始まります。

 

★私たちは、大きいことはできません。小さなことを大きな愛を持って行うだけです。

 

★導いてくれる人を待っていてはいけません。あなたが人々を導いていくのです。

 

★人間のほほえみ、人間のふれあいを忘れた人がいます。これはとても大きな貧困です。

 

★一切れのパンではなく、多くの人は愛に、小さなほほえみに飢えているのです。

 

★富める人のほうが貧しいと思うときがあります。富める人のほうが内心孤独であることが多いのです。

 

★誰かに微笑みかけること、それは愛の表現であり、その人へのすばらしい贈り物となるのです。

 

★私にできてあなたにできないこともあり、あなたにできて私にはできないこともあります。だから、ともに力を合わせれば、素晴らしいことができるのです。

 

★いかにいい仕事をしたかよりもどれだけ心を込めたかです。

 

★愛されることより愛することを。理解されることよりは理解することを。

 

★暗いと不平を言うよりも、あなたが進んで明かりをつけなさい。

 

★今、この瞬間幸せでいましょう。それで十分です。その瞬間、瞬間が、私たちの求めているものすべてであって、他には何もいらないのです。

 

★昨日は去りました。明日はまだ来ていません。わたしたちにはただ、今日があるのみ。さあ、始めましょう。

 

★所有すればするほど、とらわれてしまうのです。より少なく所有すれば、より自由でいられます。

 

★私たちは、成功するためにここにいるのではありません。誠実であるためにここにいるのです。

 

★短くて口に出しやすい言葉でも、心のこもった言葉はある。そんな言葉はいつまでも心の中に輝き続ける。

 

まとめ

 

【インドをめぐる時代背景の中で、人々が苦悩する姿を目の当たりにし、心を突き動かされ人生の最後まで身を捧げた】と、文章では簡単にかけてしまう。

彼女が命がけで行った奉仕活動は、凡人がまねできる次元ではなかったのではないかと思う。

人というものは欲望の塊である。

それが悪いとは思わない。しかしその欲望をコントーロールできる人間なのかどうか ?

これに尽きるのではないかと思う。

誰が見ていようがいまいが、自分自身と向き合った時、果たして恥じない人生をおくることが出来ているであろうか ?

彼女のように大きな偉業はできないにしろ、まずは自分の身近な人を大切にしていくことはできるのではないだろうか ?

そういった自分ができる小さな活動からでも、世界へ通じていくと信じたい。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました