出社がつらいながらも、何とかモチベーションを上げる3つの方法

モチベーションをあげる仕事に生かせる言葉
スポンサーリンク

 

・会社で、何をやるにも怒られてばかり。

・一生懸命やって成果を出しても褒められず否定されるばかり。

・経営者の顔色を伺う苦痛な毎日。

・突然のボーナス支給ゼロ。

・嫌いな社員には、やめていけと言わんばかりの冷たいハラスメントの押収。

・昇給制度がない。

・経営が厳しいと言いながら、経営者自身が経費の無駄遣い、計画性が悪いと感じる。

 

こんな不安要素が多い会社に勤めながら、毎日悶々と仕事をしているあなた。

モチベーションなんて上がらないですよね(^▽^;)

 

こういった会社の経営者って、恐らく従業員のことを駒としか見ていないと思います。

経営者的には、従業員の事を大切にしていると口では言っていても、実際はそうなっていないケースが多いと感じます(^▽^;)

そして、従業員の代わりなんて、いくらでもいるとさえ考えていると思います。

そんな会社【経営者】に、いくら、人の大切さを求めたり、訴えたりしても響かないと思いますので無駄です。

自分が疲れるだけですのでやめるようにしましょう。

 

こういった会社【経営者】は、従業員が会社【経営者】の采配のせいでモチベーションが下がっているなんてこと、まったく気づいていませんし、気づく力もありません。

もしあなたが、このような会社に勤めているのであれば、会社のためにと身を削りすぎるのはやめましょう。

言葉は悪いかもしれませんが、適当に経営者の言う事に合わせてやり過ごしていくようにしましょう。

会社は、あなたをいいように利用しているわけですから、逆にあなたも会社を利用しながら、自分の将来の為に、裏で粛々と新しい道を模索するようにした方が賢明です。

近い将来、自分の人生の為に、目標を明確に定め、それに向かって行動を起こせる準備をしておきましょう。

 

ということで今回は、なかなかと厳しい事情がある会社に勤めながらも、何とかモチベーションを上げていける3つの方法を紹介したいと思います。

 

よかったら、参考にしてみてください。

 

ポイントは大きく下記3つとなります。

・モチベーションとは?
・モチベーションを下げる3つの要因
・モチベーションを高めていく3つの方法

 

それでは順に確認していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

モチベーションとは何か?

モチベーションとは?

モチベーションとは、人が何か行動を起こす時にとても重要になってくる原動力になるものです。

この原動力が心の底から湧いてこなければ、不思議なことに何事も成し得ることが難しくなっていくでしょう。

仕事や日常生活においても、全てこのモチベーションなくしては始まらないと言っても過言ではないです。

それくらい大切なものです。

ですので、このモチベーション、いかにして高めていけるかが、仕事、人生において重要なものになっていくこと間違いなしです!

 

モチベーションは言い換えれば、人生に必要不可欠な生命力です!

 

モチベーションが下がる3つの要因

モチベーションが下がる

 

怒られてばかりで褒められない

人は怒られてばかりいると、自分はダメな人間ではないかと錯覚してしまい、力が弱っていきます。

何をやってもオドオドするような感じに陥ります。

そして、いつの間にか生気を吸われ、気づいたら病気になる。

なんてことは珍しくないと思います。

 

そんな状態の会社で働き、仕事の成果を求められても、良い結果がでるはずがありません。むしろ悪くなっていくに決まっています。

人は機械ではないんです。

感情の生き物なんです。

そういった誰でもわかる方程式を理解していない経営者がいる。

そういった経営者が経営する会社というのは、希薄で血の通っていない組織形態になっている可能性が高いです。

逆に、従業員が生き生きと働き、成果も出している会社というのは、やっぱり、経営者が従業員に感謝し、従業員を褒めるのがうまいです。

※そういった会社は、経営者と従業員の関係性が良いため、事業も自然体で柔軟な対応ができ、何をやっても良い方向に進みやすい仕組みが出来上がっていると思います。

 

黒字なら報酬を払うと言って払わない

仕事をする理由の一番の目的はお金の為です。

経営者の言うことを聞いて一生懸命仕事をしても、その対価をもらえないようでは、それはもうボランティア以下だと思います。

酷い会社なんて、成果を出したら報酬を渡すと言っておきながら、結局、成果を出した部署・拠点があっても、最終的に会社の業績が悪ければ、全てを団子にしてしまい、ボーナスゼロなんてところがあります。

これでは、経営者自身が、言っていることとやっていることが違います。

そういうことなら、初めから、【各セクションの成果は全く関係ない】と、従業員にしっかりと話しておくべきだと思うんです。

そんな従業員を騙すようなやり方では、黒字を出している社員のモチベーションが上がるはずがありません。

また、そういった会社というのは、評価制度も、なんだかんだ言って好き嫌いで行うケースが多いですので、実情がブラック企業である可能性が高いです。

外面は、優良企業を装っていますので、判断が難しいのですが、そこで働く従業員は辛い思いを強いられている可能性がありますね。

 

これからは、こういった会社も、しっかりと人道的にも襟を正していけるように、労働基準法なるものを更に改正し、より充実させたものにしていって欲しいと願うばかりです。

 

人間性を否定される

ある経営者が、従業員に対し【お前は無能だ!

なんて、厳しい人間を否定する言葉を浴びせる人がいます。

どんな大義があったとしても、そんな人格までをも否定してしまうようなことを発してしまう人間、私は駄目だと思いますね。

あなたは、どう感じますか?

この先も、その経営者の元で働きたい、一生を遂げたいと思いますか?

やっぱり、会社というのは、人があって成り立つものです。

お金だけに目が行き過ぎ、従業員を物扱いし大切にしない会社【経営者】は駄目です。

そういった会社【経営者】は、人間として一番大切である、心というものを失っています。

 

衰退していく会社の特徴に、経営者が盲目になってしまい、やがて自らが自らの手で会社を駄目にしていくという事があります。

まさしく自身で負のスパイラルを作ってしまう結果なんだと思いますね。

 

※経営の神様、松下幸之助もそう助言しています。

良かったら、こちらの記事も確認してみてください。

 

※銭金だけではなく、血の通った会社、心の底から人を大事にしてくれる会社に勤めていきたいものです。

 

モチベーションを高める3つのこと

モチベーションを高める

経営者にいじられても一喜一憂しない

何かやらかすと、すぐに、こいつは駄目な奴だと決めつけてくる経営者がいます。

そんな器の小さな人の言葉で、いちいち一喜一憂してしまうのは勿体ないです。

確かに、小さな会社組織の中でいると、それが自分の人生のすべてと錯覚してしまい、その中のボス【経営者】が、器の小さなワンマンな人物だと、物言いも出来ず辛い環境で人生の大半を過ごさなければならなくなります。

ですが、そんな中でも、うまく、経営者の言葉を聞き流してしまうくらいの太々しさも大切だと思いますね。(^▽^;)

現代は、法律的にも労働者は守られています。

ですので、会社は、従業員をよっぽど会社に損害を与えるなどの重罪を侵さない限り、クビにすることはできないようになっています。

それを逆手にとって、会社に上手くいさせてもらうというのもありかもしれません。

 

※馬鹿正直に仕事をしすぎて体を壊してしまうくらいなら、少しくらい無責任でも問題ないです。

楽観的に生きましょう( ´∀` )

 

新しい道【夢と希望】を創造する

人というのは、夢や希望がなければ生きていけていけません。

どんな状況であれ、そこから夢や希望を描けるからこそ、明日を生きようとする力が湧いてくるのだと思います。

ですので、何よりも、夢と希望を大切にするということを忘れないようにしましょう。

あなたの夢や希望を、ワンマンで器の小さな経営者ごときに壊されるなんて勿体なさすぎます。

現在、そんな小さな会社に勤めているならば、その会社を、離れた角度から客観視するくらいになっていきましょう。

あ~、なんて可哀そうな会社なんだ!

なんて、思うくらいでもいいです。

とにかく、会社のことよりも、自分の将来のことなどをしっかりと設計・創造していき、明るい未来に向かって、夢と希望を大きく膨らましていくようにしていきましょう( ´∀` )

 

思い切って転職して幸せになる

もう、最終的にはこの方法です。

思い切って【転職する】です。

働くところはいくらだってありますから( ´∀` )

会社の為なんてキレイごとを言わなくてもよくなりますよ( ´∀` )

 

自分の将来、進みたい夢や希望が具体的にし、思い切って行動を起こしましょう。

あなたの人生はあなた自身のものです。

誰に気兼ねすることもなく、思い切って転職していくのは、それはそれで正解です( ´∀` )

 

自信を持って前に進みましょう!

 

※きっと今まで見えなかった素晴らしい世界が見えるようになること間違いなしです( ´∀` )

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

日本国民には、職業選択の自由があります。

人間らしく生きる権利があります。

ですので、人を尊重し合い生きていくことが普通でなければいけないんです。

 

ですが、それが、一部の会社においては、守られていない、大人が大人をいじる、いじめている組織がまだまだ存在しています。

そういった現実において、これから、もっともっと労働基準法を改正していっていただける事、切に願っています。

そして最低賃金も、ヨーロッパのように1,200円以上になって欲しいと願います。

 

ハラスメントなども、会社役員といった、強い立場の人物が起こした場合は、極刑に処するなど、そういった厳しさも法律で改正されても良いのではないかと思いますね。

※だって、人の命・人の人生を使って銭儲けしている人なわけなんですから・・・。

それくらい厳しい法律を作っても問題ないと思いますね。

 

とはいえ、自分としては、どんな状況であれ、夢や希望を抱き、それに向かいながら楽しく仕事をしていきたいものです( ´∀` )

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました