【親の介護でお金がない時】知っておくべき対処法を簡単に3つ紹介

お金のない親の介護から解放されたい生活に活かせる言葉
スポンサーリンク

 

★貯金もなく年金も微々たるものしか貰えていない要介護の親。

★このまま先の見えない親の介護をしていたら頭がおかしくなりそう。

★もしかしたら自分の方が先に逝ってしまうかもしれない。

★親の介護もしたことない人にはこの辛さはわからないだろう。

 

こんな悩みを抱えているあなた!

 

今回はそんなあなたのために!

 

お金のない親の介護から少しでも解放されていくための対処法を紹介します。

 

 

まず結論から先に言います!

 

お金のない親を何とかしていくためには、

 

親に生活保護を受けさせる!

 

ということです。

 

この方法は、いろんな条件もあります。

簡単なことではありません。

ですが、今現在も自分の生活を犠牲にしてまで親の介護をし、辛い思いをされている人には、絶対に考えてみて欲しい内容です。

 

 

今すぐにというわけではありません。

いざという時の為に、

この方法もありだ!

という事を頭の片隅に入れておくようにしてください。

 

また、親の介護については、

人の力を借りずとも自分1人でなんとかできる!自分には経済力も時間も余裕もある!

そう豪語できる人は、自分の力で親御さんの介護をしていけばよいでしょう。

是非、頑張ってください。

 

がしかし、

大半の人はそんな余裕なんてないと思います。

綺麗ごとなんて言ってられない人が多いと思います。

 

ですので、絶対に自分がつぶれてしまう前に、一度は検討してください。

 

生活保護を受けさせる事が、悪い事だとか、後ろめたい事だ、なんて思わないようにしましょう。

 

気持ちを切り替えて、情報を集めていきながら、粛々と準備を整えていきましょう。

 

ということで今回は、お金のない親の介護を軽くしていく為の方法を簡単ではありますが紹介したいと思います。

良かったら参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

役場に相談する

役場に相談

介護であれ、何であれ、綺麗ごと抜きにしてやっぱりお金は最低限必要です。

親にお金がなく、自分の経済力だけでは不安というのであれば、この問題を解決する為に、役場に相談していくのが一番だと思います。

 

お金のことで役場に相談するのは恥ずかしい(^▽^;)

 

なんてことを考える必要はありません。

 

役場に相談することによって新たな可能性を見いだせるかもしれません。

 

思い切って役場に相談していくことを視野に入れましょう。

 

親に生活保護を受けてもらう

生活保護

役場に行く決意ができたら・・・。

 

相談する内容はこれです。

 

親に生活保護を受けてもらう!

 

です。

 

これができれば、あなたはだいぶ救われるでしょう。

 

ただ、

 

これは誰でも簡単にできるわけではありません。

 

これを可能にするためには、親とは別世帯、別場所に住んでいないといけないとか、親の財産、所得がないということ等が、条件として出てくると思います。

また、子供の家計状態がどういう状況なのかといった部分も確認があると思います。

【ただ、子供の家計状態の審査については、生活保護を受ける本人ではないため、ガチガチな書類申請が必要というわけではないようです

ですので、自分の生活が大変で、金銭的に親の面倒を見ていくのはとてもしんどいというのであれば、きちんと役場に相談し、支援金がもらえるようにしていきましょう。

 

 

※役場に相談に行く際は、ひとりでもいいですが、できることなら、地域のボランティア団体などを探し、そこの力を借りていくと良いかもしれません。

 

それは、なぜかと言うと、地域の役場によっては、生活保護の申請を相談窓口の人が、頭から否定してくる可能性が無きにしも非ずだと思うからです。

※私が住んでいる地域の役場の人は、結構、親身になって話を聞いてアドバイスしてくれましたけど、場所によってはひどい人がいるみたいでみたいです。

あくまでも参考までに、地域のボランティア団体の力をかりることも頭の片隅に入れておくようにしましょう。

 

親が安心して生活できる場所を探す

施設

役場とのやり取りが上手くいったあとは、親が安心して生活できる場所・施設等を探していくようにしましょう。

親の要介護度が3以上であれば、順番待ちではありますが、金額も安めな特別養護老人ホームに入ることができると思います。

 

ただ、要介護度が2以下であれば、それが難しくなってしまうため、別場所で検討していく必要があります。

 

※要介護2以下の親を別場所で住まわせる際は、できれば、アパートとかではなく、ちゃんとした施設、管理者がいるところにした方が良いでしょう。

※ここは安易に判断していくのではなく、周りの兄弟・家族にもしっかりと相談して決めていくようにしましょう。

※周りの人の力をかりながら、一番良い方向に導いていけるようにしていきましょう。

 

まとめ

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、お金のない親の介護から解放される方法を簡単に紹介させていただきました。

 

親の介護は大変です。

特に金銭的に厳しい親の介護は、更に辛いものとなります。

これは、味わった人にしか絶対にわからないでしょう。

兄弟・姉妹でも、理解してもらうのは、なかなかと難しいことです

 

この問題を少しでも軽くしていくためには、やはり、素直に周りの力をかりていくということが大事になります。

 

いつまでも自分1人だけで抱え、先の見えない中、毎日悶々と過ごしていくのはやめましょう。

 

周りの力をかり、第三者機関である役場の力も最大限に活用させて頂きながら、この難局を乗り越えていきましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました