【仕事で成果を出したい人の為に】松下幸之助の言葉からヒントを得る

心に響く偉人の言葉
スポンサーリンク

仕事や学業など、今頑張っていることで、今後更に飛躍したい・飛躍していきたいと思っている人に見てほしい松下幸之助の言葉を紹介します。

何事もそうですが、自分の人生を変えられるのは、結局は自分しかいません。

人や何かのせいにしている間は成長がないと言ってもいいでしょう。

少しでも自分を成長させ、他人よりも大きく成果を出していきたいと願っているのであれば、松下幸之助の、この名言を胸に、どんな逆境に身を置かれたとしても、自分の力を信じて突き進んでいく決意をしてみてください。

 

スポンサーリンク

仕事で飛躍したい人へ

 松下幸之助の言葉からヒントを得る

 

他人より1時間余計に働くことは尊い

努力である。

勤勉である。

だが、いままでよりも1時間少なく働いて、いままで以上の成果を挙げることも、また尊い

そこに人間の働き方の進歩があるのではないだろうか。

石の上にも3年という。

しかし、3年を1年で習得する努力を怠ってはならない

まず、汗を出せ、汗の中から知恵を出せ、

それができないものは去れ!

逆境もよし、順境もよし。

要はその与えられた境遇を、素直に生きることである。

人生には面白くないことがたくさん起こる。

それは全て自分に責任がある

何かを気づかせるために起こるということを知っておいた方がいい。

この世に起こることは全て必然であり必要である。

そしてベストなタイミングで起きる。

山は西からでも東からでも登れる。

自分が方向を変えれば、新しい道はいくらでも開ける。

人は、何度やりそこなっても、【もういっぺん】の勇気を失わなければ、必ずものになる!

悪い時が過ぎれば、良い時が必ず来る!

おしなべて、ことを成す人は必ず時の来るのを待つ。

あせらずあわてず、静かに時の来るのを待つ。

 

人と比較をして劣っているといっても、決して恥ずるべきことではない!

 

けれども、

 

去年の自分と今年の自分と比較して、もしも今年が劣っているとしたら、それこそ恥ずべきことである。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

松下幸之助の言葉・・・。

 

ハッと、思わされるところがあったのではないでしょうか?

 

世の中で成功者と呼ばれる人たちというのは、私が思うに普通の人よりも、裏で何十倍も、努力をしてきた人、もしくは現在もし続けている人ではないかと思うんです。

それが成功という結果をもたらしているのだと思います。

 

何事も、努力無くして本当の意味での成功はない!

 

これに尽きると思います。

 

今この時から、改めて、松下幸之助の言葉を心幹に染めていきながら、自分自身との戦いに挑戦して、勝利できるように頑張っていきましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました