【心に余裕を持つことは大切だ!】そうできるための方法を5つ紹介!

仕事に関すること

こんにちはJONです。

 

何かあると、すぐにテンパってしまい、心に余裕がなくなってしまうあなた。

最近、その頻度が多くなっていませんか?

大丈夫ですか?

周りの人は、あなたのことを心配していますよ(;^ω^)

みんな、あなたに声をかけて、何とか助けたいと思っているのですが、肝心なあなたが、人を寄せ付けないオーラが半端ないみたいで、近づくことができないみたいです(;^ω^)

今すぐには無理かもしれませんが、何とか少しでも冷静になれるように、一呼吸置くとか、誰かを頼ってみるとか、工夫してみてはいかがでしょうか?

 

ということで今回は、何かあるとすぐにテンパってしまうあなたのために、心に余裕を持てるようにしていくための方法を5つ紹介していきたいと思います。

 

冷静な時で構いませんので、

是非、参考にしていただき、少しでも心に余裕が持てるようにしていきましょう。

 

【心に余裕を持つことは大切だ!】そうできるための方法を5つ紹介!

計画性を持つ【優先順位を明確に】

心に余裕がなくなりやすい人の多くは、計画を立てて行動していくということが苦手です。

全てにおいて計画を立てて行動した方がいいと言っているわけではありませんが、特に、仕事での約束事や、生活のスタイルなどについては、きちんと計画性を持てるようにした方が良いと思います。

例えば、どこか目的地に向かう時に、ナビを使わず、行き方も何も考えずに、ただやみくもに出発しても、途中で道に迷ってしてしまうと思います。

それと同じで、目的地に辿れ着くまでの行き方というものは、きちんと明確にさせることが大切だということです。

※もっと言えば、目的地にたどり着くまでの時間等も予測して、細かい段取りが取れるようになれば尚良くなるでしょう。

事前にやることを整理し、計画性を持って、都度、優先すべきことを明確にしていきながら一つずつ行動できるようにしていきましょう。

 

断る勇気を持つ【絶対に無理はしない】

自分のキャパシティーというものをきちんと把握することは重要なことです。

それを把握しないままに、何でもかんでも頼まれたことを鵜呑みにして受けてしまうようでは、それは誰だってパンクしてしまいます。

当然、心の余裕だってなくなってしまうでしょう(;^ω^)

できない事に挑戦するという姿勢は素晴らしいと思いますが、なんでもかんでも引き受けるというのとは意味が違うと思います。

まず、自分の対応キャパというものを、きちんと理解していきましょう。

その上で、これは自分のための新たな挑戦だと思えるようなことは挑戦していけば良いでしょう。

そう思えないような圧迫感を感じるようなことは、思い切って断ることが大切です。

※そういったことをきちんと見極め、対応できるようにしていきましょう。

※断ることは悪ではありません( ´∀` )

 

一生懸命になりすぎない

物事に集中し過ぎると、全く周りが見えなくなってしまう人がいます。

集中するということは確かに大切なことではあります。

それなくしては成し得ないことだってたくさんありますので。

ですが、それも、臨機応変さが伴っていなければダメです。

一生懸命に取り組むときは、それの方向性や、タイミングというもの等を、きちんと理解把握して力を注ぎこんでいかなければ意味がなくなってしまいます。

そういったことを、考え、力を入れるベクトルを正確に捉えていけるようにしていきましょう。

※人間はロボットではありません。

※いつでもどこでも、フルパワーで活動することは不可能であり、燃え尽きます(;^ω^)

 

自分に合う人を周りに増やす

志村けんさんも言っていました。

良い仕事を行っていくためには、良い環境を整えていくという事が大切だと。

良い環境を整えていくためには、自分にとって気の合う人を周りに置いていくんだと。

やっぱり、何事もそうですが、人は1人では何もできません。

誰かの助けがあってこそ初めて色んなことができるようになります。

そういった観点から見ても、

人というのは、想いがあれば、できない事でもできるようになります。

でも逆に、想いが無ければ、できるはずだったこともできなくなります。

ですので、自分の想い・力を最大限にしていくためには、気の合う人たちと人生を共にしていけるように整えていくことが大切ではないかと思います。

 

時にはプライドを捨てる

人は、複数のことを抱えたり、難しい壁にぶち当たったりすると心に余裕がなくなります。

そんな時こそ、本来であれば、柔軟な発想が必要になってきます。

自分を上手くコントロールできる人は、こういった局面にぶち当たった時、プライドを捨て、柔軟に対応することができるでしょう。

がしかし、プライドが高く、自分を変えられない人は、今まで自分がやってきたやり方や発想というものを変えることができないため、心に余裕がなくなり、テンパってしまいます。

 

※心に余裕を作っていくためには、思い切ってプライドを捨てる勇気を持ちましょう。

 

心に余裕があるとできること!

 

次は、

心に余裕があるとできることについて5つ紹介していきたいと思います。

心に余裕があると、良い事が多くなります。

是非、参考にしていただだき、

心に余裕を持てる自分になりましょう( ´∀` )

 

人に優しくできる

人に優しくできれば、人から好かれ信頼されるようになります。

そうなれば、人がたくさん集まってくるようになるでしょう( ´∀` )

それだけでも幸せが増えますが、もっと良いのが、心を打ち明けてくれる人が増えるということです。

そうなれば、今まで自分が知らなかった情報などもたくさん得られるようになっていきます( ´∀` )

考え方ひとつではありますが、話しやすい人間関係が多くなるのは、素晴らしいことだと思います( ´∀` )

 

冷静に物事を判断できる

心に余裕があると、物事を冷静に判断できるようになります。

ですので、物事を判断する際、慌ててしまうようなことが無くなり、間違えるということが少なくなっていくでしょう。

情報も、短い時間で的確に捉えられるようになりますので、成長速度も速くなります。

 

逆に、心に余裕がない人は、これの逆になってしまうため

長い歳月で捉えると、心に余裕がある人とない人の成長具合は大きく変わってしまいます。

 

※心に余裕を持って、物事を冷静に正しく判断できるようになりましょう。

 

モテる可能性が上がる

モテる人は、心に余裕がある人が多いように感じるのは私だけでしょうか?(;^ω^)

心に余裕がない人は、焦りと、ギラギラ感があります。

それによって、相手は威圧感や危険性を感じてしまいますので、自然と、心に余裕がない人には近づきたくなくなっていくんだと思います(;^ω^)

逆に、心に余裕がある人は、焦りも、ギラギラ感もなく、自然体でどっしりと構えているように感じるため、どことなく安心感が芽生えるようになります。

その安心感が、モテる要素を、グッと引き上げていくんだと思います( ´∀` )

 

※ただ、誰でも持てるというのは語弊があるかもしれませんので悪しからず(;^ω^)

※いくら安心感があったとしても、清潔感とかが全くなければ、それはそれで厳しいものがあると思いますので・・・(;^ω^)

 

明るくなり、夢や希望が膨らむ

人は心に余裕があると明るくなるものです。

人生に対してもポジティブになります。

ですので、いろんなことにチャレンジしたくなるといった良い効果が得られていくでしょう。

それによって、夢や希望というものが大きく膨らんでいくと思います。

夢や希望を明るく話す人の周りには、同じような夢や希望を持った人たちが集まってくるものです。

※楽しいところに人は集まるです( ´∀` )

心身ともに健康的になれる

心に余裕が持てることによって、全てがポジティブな方向へと動き出します。

そうなると、表面的なことだけではなく、体の内面的にも良い効果が生まれてくるでしょう。

病は気からという言葉があるように、

逆に、

健康は気からだと思います( ´∀` )

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

心に余裕を持てるようにしていくための方法を紹介させていただきました。

 

人は、考え方ひとつ、捉え方ひとつで、今生きている自分の環境を、良いものと捉えることができるか、悪いものと捉えるようになっていくかくらい変化していくものです。

ある番組で、身体障がい者の方が言っていました。

私は、体は不自由ではあるが、心は自由で幸せであると。

逆に、体は自由であるにもかかわらず、心がすさんでしまい、心が障がい者となってしまっている人、たくさんいるのではないかと思います。

※【心の障がい者とは、鬱やパニック障とは違います】人間として本当に心が貧しい可哀そうな人のことです。

人生は、心ひとつで決まります。

心こそ大切なれです。

 

そんな一番大切な心に、余裕を持たせてあげられるように、自分自身を大切にしていきたいものですね( ´∀` )

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました