スポンサーリンク

【心に響く偉人の言葉】ナポレオン・ボナパルトの名言に学ぶ。

心に響く言葉・名言
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ナポレオンとは

 

英雄として語り継がれているナポレオン・ボナパルト。

革命期のフランスの軍人・政治家であった。

フランス革命後の混乱を収拾して、軍事独裁政権を樹立した。

イギリスとオスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いた【一連の経過をナポレオン戦争という】が、最終的には敗北して失脚した。

ナポレオンが広めた法や政治・軍事といった制度は、その後のヨーロッパにおいて共通のものとなっており、世界にも大きな影響を与えている。

ナポレオン法典【フランス民法典】は、その後の近代的法典の基礎となっており、日本やオランダ、ポルトガルなどの民法にも影響を与えている。

ナポレオンが作った国民軍の創設、砲兵、騎兵、歩兵の連携、指揮官の養成なども、その後の近代戦争・近代的軍事の基礎となっている。

 

天才的な軍事能力を駆使して、またたくまに全ヨーロッパの覇者となったナポレオン。

そして封建制国家から民主国家への扉を開き、近代国家の創設者ともなったナポレオン。

その数々の名言から人生の戦術を学んでいきたいと思う。

 

【国】フランス領 コルシカ島

【生】1769年8月15日

【没】1821年5月5日(51歳)

 

 

心に響く言葉、ナポレオンの名言

 

★我輩の辞書に不可能という文字はない。

 

★人類は、その想像力によって支配される。

 

★勝利は、わが迅速果敢な行動にあり。

 

★死ぬことは何でもない。しかし征服されて、名誉を失ったまま生き長らえるのは、毎日死ぬようなものだ。

 

★優れた能力も機会が与えられなければ意味をなさない。

 

★最も大きな危険な瞬間は、勝利とともに訪れる。

 

★生きている兵卒の方が、死んだ皇帝などよりもずっと価値がある。

 

★約束を守る最上の方法は、約束をしないことである。

 

★他人の力を頼りにしてはいけない。頼るべきものは、ただ己の力のみである。

 

★時代とは、人間の偉大な芸術である。

 

★苦しみに耐えることは、死ぬよりも勇気がいることだ。

 

★兵法に複雑な策略などはいらない。最も単純なものが最良なのだ。偉大な将軍達が間違いを犯してしまうのは、難しい戦略を立て、賢く振る舞おうとするからだ。

 

★愚人は過去を語り、狂人は未来を語る。しかし、賢人は現在を語る。

 

★ほとんどの戦いの勝敗は、最初の一発が撃たれる前にすでに決まっている。

 

★戦いの結果は、最後の5分間に決まる。

 

★勝利は、もっとも忍耐強い人にもたらされる。

 

★環境など何でもない。環境とは、自分でつくり出すものだ。

 

★お前がいつか出会う災いは、お前がおろそかにした時間の報いだ。

 

★有能な士は、どんな足枷をはめられていようとも飛躍する。

 

★真の英雄とは、人生の不幸を乗り越えていく者のことである。

 

★じっくり考えろ。しかし行動する時が来たなら、考えるのをやめて進め。

 

★戦術とは、一点に全ての力をふるうことである。

 

★私は何事も最悪の事態を想定することから始める。

 

★私は常に、二年先のことを考えて生きている。

 

★過ぎたことで心を煩わせるな。

 

★生きたいと思わねばならない。そして、死ぬことを知らねばならない。

 

★結婚して幸福になるには、汗の苦労を絶えず分かち合わねばならない。

 

★想像力が世界を支配する。

 

★勇気は愛のようなものである。育てるには希望が必要だ。

 

★体を治す最高の治療法は静かな心を持つことだ。

 

★リーダーとは希望を配る人のことだ。

 

★戦場は絶え間ないカオスの連続だ。敵と味方のカオスをコントロールしたものが勝者となる。

 

★栄光は一瞬だが、忘却は永遠だ。

 

★真の男は誰に対しても憎しみを持たない。

 

★うまくいくことを望むのなら、自分でやりたまえ。

 

★ひとたび戦いを決意したならば、その決意を持続しなければならない。

 

★すべて自然でないものは不完全である。

 

まとめ

 

1789年フランス革命勃発後、大混乱に陥っていたフランス。

そんな中、彗星のごとく現れ、卓越した戦術とカリスマ性によってヨーロッパを制圧。

革命後のフランスを統制した。

民衆に自由で平等な新社会を構築した。

しかしながら、彼はその生涯において決して民主的な人物でもなかったという。

戦においては天才的な能力を発揮し英雄となるが、略奪や虐殺、失策もしている。

そんな二面性を感じさせるナポレオンであったが故、

稀なほど人を惹きつける不思議な魅力を持ち合わせたのではないかと思われる。

良くも悪くも、彼の存在・行動そのものが時代を動かし、結果的に封建制国家から民主国家への扉を開くこととなる。

 

 

彼の実直な人生と、物事の本質を鋭くとらえた名言は、後世に渡って多くの人々から賞賛され、人生の指針の対象として今なお輝き続けている。

現代はナポレオンが生きた時代背景とは全く違う。

しかしながら、人生という限られた時間の中を生きるといった意味ではいつの時代も同じなのではないかと思う。

ナポレオンは、今を生きる我々に対しても、【常に自分自身との戦に勝利しろ ! 】と、力強く激励し背中を押し続けてくれているのではないかと感じる。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました