スポンサーリンク

【お金を貯めるコツについて】おすすめポイントを5つ紹介します。

生活に関すること
スポンサーリンク

こんにちはJONです。

 

なかなかとお金が貯まらないと悩んでいるあなた!

どうしたらお金を貯めることができると思いますか?(;^ω^)

やっぱり、お金を貯めるには一攫千金狙いではなく、コツコツと貯める癖をつけていくというのが一番の答えではないかと思います。

コツコツと貯めることができる人になれれば、自然と生活スタイルも堅実になっていくと思うからです。

そうなれば、年月と共に貯金額も大きくなっていくでしょう。

塵も積もれば山となるです。

まずは、コツコツと堅実に積み上げていけるようにしていきましょう。

 

ということで今回は、私の経験を元に、お金をためていくポイントを5つ紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【お金を貯めるコツについて】おすすめポイントを5つ紹介

定期預金を組む

お金が貯まらない人というのは、恐らく毎月ギリギリの生活をしていると思います。

それは給料の大小とは関係が無く、そのひとの性格によるものだと感じます。

お金が溜まらない人というのは、恐らく身の丈に合っていない生活スタイルが当たり前になっている人なのでしょう。

やっぱり、お金を貯めていきたいと思うのであれば、毎月の給料を全部使ってしまうような生活スタイルを見直すところから始めた方が良いです。

 

では、そのためにどうしたら良いか?

 

それは、強制的にでも毎月給料から定額を差っ引かれるという環境を設定することです。

それが定期預金を組むことです。

※引くと言っても、なくなるわけではありません。強制的に貯金するということです。

まずは、この型にはめていくことが、重要で手っ取り早いと思います。

 

※毎月の給料を、全額いつでも使えるような状態にしておくということが危険だと感じます。

※その状態では、誘惑に弱い人は、いつまでたってもお金がたまるはずがないです(;^ω^)

 

まずは、毎月、給料から強制的に定額を引き落とされるということに慣れましょう。

 

定期預金額を増額する

毎月の定期預金が当たり前に板についてきたら、今度は、日常生活での出費というものを見直してみましょう。

必要なものには当然お金をかけなければいけませんが、出費を押さえられるものはないか、再度見直すことは大切なことだと思います。

そうすることによって、もしかしたら定期預金を、もう1万・2万増額できる生活スタイルにできるかもしれません。

※意外と、我慢できるものに慣れや癖で出費していることに気づけるかもしれませんよ( ´∀` )

ですので、自分に厳しく、定期預金を増額できるようなチャレンジをしてみるようにしましょう。

 

毎月の小遣いは低額で設定する

毎月の小遣いは際限なく使えるようにするのではなく、低い額で定額設定していくことをおススメします。

私も、お金が貯まらなかったときは、計画性もなく、いつも飲み歩いたり遊んでばかりいました(;^ω^)

際限なくたくさんお金を使っていたんです(;^ω^)

確かに、人付き合いでお金を使うということ等は大切だとは思います。

ですが、際限なくそればかりにお金を使っているようでは貯めることはできないと思うんです(;^ω^)

※私がそうでしたので(;^ω^)

もし、私と同じようなところがあるのであれば、できるだけ際限なく使えないように小遣いを低額で設定しておき、計画性を持って使っていくようにすると良いでしょう。

 

ローンは繰り上げ返済をする

車のローン、家のローンなど、生活していくためには、様々なローンが必要になってくる場合があります。

特に家のローンの場合は、返済に長い年月をかけなければいけないケースが多いです。

【30年・35年】かけて返済していくといった形です。

これこそ、最初からの週十年は元金が減るのではなく、ひたすら利息を払っていくような仕組みになっていますので本当にもったいないです(;^ω^)

そう考えると、ローンを長い年数をかけて払っていくというのはムダだと思います。

できるだけ早く返した方が間違いなく得です。

※私も住宅ローンを35年組んでいましたが、その無駄に気づき、繰り上げ返済し15年ほどで完済しました(;^ω^)

※住宅ローンや、金額が大きなローンは、できるだけ早めの繰り上げ返済ができるようにしていくことをおススメします。

 

身の丈以上の物欲は持たない

物欲は、働く意欲、稼ぐ意欲を向上させる効果はあると思います。

ですので、あれが欲しい、これが欲しい、見栄を張りたいということ自体を否定するつもりはありません。

ですが、過剰になりすぎてはどうかとは思います。

自分の稼ぎと合わないくらいのものに執着していくようでは、お金を貯めていくことは難しくなります。

※欲しいものを買うためにお金を貯めているんだと言ってしまえば、それはそれでありなのかも知れませんが、いざという時のためにお金を貯めておきたいと思うのであれば、やはり物欲というものも、きちんとコントロールしていく必要があると思います。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

改めて、コツコツと堅実に積み上げてお金を貯めていきたいと思いましたでしょうか?(;^ω^)

それとも、そんなことまでするくらいなら、やっぱりお金は貯めなくてもいいと思いましたでしょうか?(;^ω^)

どちらを選ぶかはあなたの自由です。

どちらにせよ、今一度、お金の使い方などについては、真剣に考えて見ると良いのではないでしょうか?(;^ω^)

ただ、改めてひとつだけ確認しておきたいのですが、一攫千金的なことにだけは執着しないようにした方が良いと思います。

※それは、上手い儲け話というものは、なかなかとないと思うからです(;^ω^)

安易に上手い儲け話にのってしまうと、お金を貯めるどころか、逆に借金を作ってしまうようになるかもしれません(;^ω^)

夢や希望を追いかけるのは大切ですが、そうならないように気を付けていきましょう。

 

※やっぱり、お金をためていくには、堅実に積み上げていくことが一番だと思います。

※その積み重ねがやがて大きな結果になるんだと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました