スポンサーリンク

【知っておきたい】幸せになるためのポイントを3つ紹介します。

価値創造について
スポンサーリンク

こんにちはJONです。

 

あなたは今、幸せですか?

それとも幸せではないですか?

その時々の状況によって一喜一憂し振り回されてしまうような人生を送ったりしていませんか?

幸せというものは誰かが決めるものではありません。

幸せというものは自分が決める、もしくは感じるものではないかと思います。

 

では、その幸せとはいったいどういったものなんでしょうか?

今回は、その幸せというものについて考えてみたいと思います。

私が尊敬する偉人の言葉をおかりしながら、幸せになっていくポイントを3つ紹介したいと思います。

 

是非、参考にしていただき、あなたの人生に生かしてみてはどうでしょうか?( ´∀` )

 

スポンサーリンク

幸せとは、外にあるのではない。私たちの心の中にあります。

どんな環境にあっても、人生を楽しみ切っていく。

 

※成仏【仏の境涯】というのは、生きていること自体が楽しくて楽しくてしょうがない境涯であると良く語っておられた。【戸田先生の言葉】

人間の人生には苦労はつきものです。

学生の内は勉強しなければならないし、会社に入れば働かなければならない。

では、結婚すれば楽になるかといえば、家事や子育てに追われ、まるで戦争のような生活になる。

しかし、そのなかに意義を見いだし、生きがいをつくり、目標を定め、はつらつと挑戦し、苦労も楽しみながら瞬間、瞬間を最高に有意義に楽しみきって生きていける人が人生の達人なのです。

結局、幸せとは外にあるものではないんです。

私たちの心のなかにあるものなんです。

それを教えているのが仏法です。

※【大白蓮華12月号引用】

 

悪い環境でも、こちらが支配し左右していけば幸せです。

幸せとは、環境だけで決まるものではない。

大邸宅の中で泣いて暮らしている人もいる。

しかし、幸せとは、環境と無関係に決まるものではない。

子供に食べさせるものもなくて【私は幸せだ】と言っても、それはうそです。

幸せとは、環境【外界】と自分の生命力との【関係】できまる。

悪い環境に支配されたら不幸です。

悪い環境でもこちらが支配し左右していけば幸せと言えます。

※【大百蓮華12月号引用】

 

要は、幸せとは心の持ちようだということです。

どんな恵まれた環境下においても幸せを感じられない心の貧しい人もいれば、

どんな厳しい環境下においても、素晴らしく幸せを感じられる心を持っている人もいるということです。

これは、人の心の在り方の違いということです。

 

どんな人でも、心の在り方をを変えることはできます。

それを謙虚に気づき捉え、そして変化させることがるかできるかどうかはあなた次第です!( ´∀` )

 

絶対的幸福とは、外の条件に影響されない生命の内から込み上げるものです。

人生の目的は、最大の幸せ、すなわち絶対的幸福を実現していくことであります。

絶対的幸福とは、時間がたっても変わることなく、永遠に続くもので、外の条件に影響されることがなく、生命の内からこみ上げてくる幸福感と言ってよいでしょう。

世間的な地位や財産、満足などといった一時的なものではありません。

【法】にのっとって生き、【法】のうえでいかなる位を得ていくか。

その【生命の位】は、【法】とともに永遠にある。

私どもは永遠の【生命の王者】として生きられるのである。

※【大百蓮華12月号引用

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、幸せというものについて、すこしだけ哲学的な角度から紹介させていただきました。

幸せというものには2種類あると言われています。

ひとつは相対的幸福です。

そしてもうひとつは絶対的幸福というものです。

相対的幸福というのは、環境や状況が上手くいっている時にだけしか感じることができないような幸せ感です。

ですでの、その環境や状況の変化によって、幸せ感も当然変化してしまいます。

 

【例えば】仕事がうまくいっているとか、テストで良い点を取ったとか、恋愛がうまくいっているとか等々、外からの要因で上手くいっているときは幸せを感じることができます。

しかし、人生というものは、良い時ばかりではないんです。

悪い時だって必ずあるものなんです。

※どちらかというと、この悪い時にこそ人間の真価が問われます。

ですので、できることなら外的要因によって、いちいち一喜一憂してしまうような弱い自分からは卒業したいものですよね(;^ω^)

 

今回のお話は、幸せというものは実は自分の心の在り方で決まるんだということを教えてくれている深いお話でした。

 

本当の意味での幸せというものを自分のものにしていくためには、人生においての生きる指針が絶対的に必須ではないかと私は考えています。

 

お金持ちになって、すごい権力を手に入れたとしても、結局みんな病気だってするし、最後は死んでしまうんです。

人は皆、限られた時間の中で生きているというにも関わらず、それに気づけず、目に見えるものだけがすべてだと錯覚し、勘違いしながら偉そうに生きているだけなのかもしれませんよ(;^ω^)

特に恵まれた環境で生きられている人は要注意です!

そういったことを真剣に考えた時、あなたは何を・誰を信じ、これからの人生を生きていきますか?

幸・不幸は、それによって決定ずけられていくのかもしれませんね(;^ω^)

 

お互い幸せな人生を送っていけるよう、自己研鑽をしていきましょう( ´∀` )

 

最後まで読んでいただきありがとうございした。

タイトルとURLをコピーしました