スポンサーリンク

【心に響く偉人の言葉】中村哲の名言に学ぶ。

心に響く言葉・名言
スポンサーリンク
スポンサーリンク

中村哲の略歴

 

中村哲(なかむらてつ)

】1946年9月15日 福岡県福岡市

】2019年12月4日 【享年73歳】

職業】医師

医学関連経歴

分野】脳神経内科

所属】ペシャワール会

受賞】外務大臣賞、厚生大臣賞、菊池寛賞、マグサイサイ賞、アフガニスタン議会下院表彰

 

中村哲の概要

 

福岡県福岡市出身の脳神経内科を専門とする医師。

ペシャワール会の現地代表ピース・ジャパン・メディカル・サービスの総院長としてパキスタンアフガニスタンで医療活動に従事してきた。

アフガニスタンでは高く評価されており、同国からは国家勲章議会下院表彰などが授与されており、さらに同国の名誉市民権が贈られている。

日本からも旭日双光章などが授与されている。

また、母校である九州大学では、高等研究院にて特別主幹教授に就任した。

2019年、アフガニスタンのナンガルハル州ジャラーラーバードにて武装勢力に銃撃され死去した。

死去に伴い、旭日小綬章内閣総理大臣感謝状などが授与された。

 

中村哲の生涯【年表抜粋】

 

1946年 福岡県福岡市御笠町(現在の博多区堅粕)に生まれる。

幼少を母の実家(玉井家)がある同県若松市(現在の北九州若松区)で過ごし、その後当時の糟屋郡古賀町(現在の古賀市)に移住。

西南学院中学、福岡高校、九州大学医学部へと進む。

1983年 国際医療NGOの医師としてパキスタン・ペシャワールへ派遣。

1991年 アフガニスタンへ活動を広げ、初となる診療所を開設。

2000年 アフガニスタンの干ばつが深刻化。

2001年 同時多発テロを機に、中村医師のアフガニスタンにおける医療活動が全国的に知られ始める。

2003年 緑の大地計画・用水路建設がスタート。

2010年 マルワリード用水路完工。

2011年~ 約1万6000ヘクタール、65万人の自給自足が可能になる。

2019年 武装グループに襲撃され死亡。享年73歳

 

中村哲の人物像

 

中村哲の母方の祖父【玉井金五郎】(1880~1950年)は旧温泉郡潮見村の生まれ。

北九州で港の労働者を守る組合【玉井組】を興したことで知られ、昭和に大ヒットした映画【花と龍】の主人公モデルになった。

※映画【花と龍

《金五郎の長男で芥川賞作家の火野葦平(1908~60年、本名、玉井勝則)の同名の小説が原作。父金五郎と母マンの半生を実名で描き、石原裕次郎や高倉健、渡哲也らが主演して何度もリメークされた話題作》

※中村哲の困った人を助ける精神は、祖父の金五郎に通じるものがあると血筋を感じている人も多いとか。

 

また、父親【中村勉】もその下請け業としてサルページ【座礁・衝突・火災などに遭遇した船舶の救助。もしくは沈没・座礁した船舶の引き上げ】などの仕事をしていた。

その後父親は家で旅館業を始めると、建築や土木関係の人が仕事のために長期間利用するなど家の中は賑やかな雰囲気だったという。

中村哲はそんな環境で育った。

子供のころから虫が好きで、将来は昆虫学者になるのを夢見ていたという。

しかしながら父親にその夢を反対され大学は医学部に入ることを決断する。

それでも昆虫に対する思いが強かった中村哲。

医学部から農学部へ転部しようと考えるものの、父親が高価な医学書を借金をしてまで買ってくれていることを知り、父親の気持ちを裏切ることはできないと医学部を卒業することを決める。

1973年27歳で九州大学を卒業。

その後、国立肥前療養所や大牟田労災病院など神経内科に勤務。

32歳の時、趣味の登山で交流のあった福岡登高会から登山医として同行して欲しいとの打診を受け、パキスタンのヒンズークシュ山脈に行くこととなる。

この山脈はモンシロチョウの原産地とも言われている場所で、昆虫好きであった中村哲は最初は蝶見たさにその依頼を引き受けたと言います。

そこからパキスタンの地に心惹かれるようになり、38歳の時にたまたまパキスタンのペシャワール・ミッション病院が医師を求めていることを知り、日本キリスト教海外医療協会から派遣され、その病院に赴任することとなりました。

そこでは主にハンセン病の治療に携わり、その後アフガニスタンの難民キャンプでも巡回診療を始める。

診療所をいくつも建設するなどの活動はアフガニスタンとパキスタンの2か国で広げた。

20年近くハンセン病やその他の感染病に携わった中村哲。

しかし、医療より先に解決する問題があると独学で土木を学び井戸を掘り始める。

そして現地の人の協力を得ながら1,000を超える井戸を掘り、多くの人びとの生活を救いました。

その後【緑の大地計画】を発足。用水路建設を開始します。この時も独学で学びました。その時に参考にしたのが蛇篭と呼ばれる筒状の編みに細かい石を積み上げる治水技術でした。

これは大きな重機がなくとも、現地の人たちで修復改善ができるようにと考えられたものです。

アフガニスタンの人々の家が石造りということで、石を使い慣れている文化に根差したものでありました。

7年の歳月をかけて用水路は完成。今では65万人を超える人々の生活を支えています。

これらの数々の功績が知れ渡り国内外で数々の賞を受賞。

アフガニスタンでも国家勲章を受賞しています。

 

心に響く言葉、中村哲の名言

★戦争で国が良くなることはない。

 

★日本は軍事力を用いない分野での貢献や援助を果たすべきである。

 

★日本の平和的なイメージが非常に好印象をアフガニスタンの人たちに与えていることは事実です。

 

★まず生きること。

 

★【照一隅(一隅を照らす)】自分が置かれた場所で、ひとつのことに最善を尽くす。

 

★戦争をしている暇はない。

 

★子供たちや孫たちに良いアフガニスタンを残すこと、それが一番の課題。

 

★支援は、医療だけでは限界がある。

 

★希望を守り育てるべき。

 

★無駄なところに援助資金が投下されている。

 

★善意の押し付けだけでは失敗します。

 

★地元の人が何を求めているか、そのために何ができるか、生活習慣や文化を含めて理解しなけれないけない。

 

★道で倒れている人がいたら手を差し伸べる。それは普通のことです。

 

★信頼関係があること。これが武器よりも一番大切なことです。

 

★誰もがそこへ行かぬから、我々がゆく。誰もしないから、我々がする。

 

★【国際化】の致命的な欠陥は、下から上を見る視点の欠落である。

 

★御託はもう結構。ただ実行あるのみ。

 

★【信頼】は一夜にして築かれるものではない。利害を超え、忍耐を重ね、裏切られても裏切り返さない誠実さこそが人々の心に触れる。それは武力以上に強固な安全を提供してくれ、人々を動かすことができる。私たちにとって平和とは理念ではなく現実の力なのだ。

 

★立派な動機があってそこに赴き、志と信念を貫いて現在に至ったというのが分かりやすいですけれども、残念ながら私にはこれといった信念はありません。自分の気に入ったところで自分のできる範囲で人々と楽しい気持ちで暮らす方がいい。それ以上の望みもなかったし今もありません。

 

★乾いた大地で水を得て狂喜する者の気持ちを我々は知っている。水辺で遊ぶ子供たちの笑顔に、はち切れるような生命の躍動を読み取れるのは我々の特権だ。そしてこれらが平和の基礎である。

 

★アフガニスタン人は良くも悪くも宗教的な人たちなんですんね。ひとつの文化なんです。我々が日本語をしゃべり、味噌汁を飲み、下駄で歩くように、宗教はそれに近いものがある。それについてまで善悪を云々する権利は他国の人にはないんじゃないですかね。

 

★生きとし生けるものが和して暮らせること、これが確たる恵みの証である。世界の片隅であっても、このような事実が目前で見られることに感謝する。

 

★どの場所、どの時代でも、一番大切なのは命です。子供を亡くした母親の気持ちも世界中同じです。親の気持ちは痛切です。そういう命に対する哀惜、命をいとおしむという気持ちで物事に対処すれば、大体誤らないのではないかと私は思っております。

 

★大事なのは与えられた場所でいかに力を尽くすか。その時その時の仕事に全力で取り組んでいます。

 

★これは平和運動ではない医療の延長なんですよ。医療の延長ということは、どれだけの人が助かるかということ。その中で結果として争いごとが少ない、治安が良い、麻薬が少ないということが言えるわけで、これが平和へのひとつの道であるという主張をしたことは少ないと思います。それは結果として得られた平和であって、平和を目的に我々はしているわけではない。

 

★アフガニスタンでの活動について、【僕は憲法9条なんて特に意識したことはなかった。向こうに行って9条がバックボーンとして僕らの活動を支えてくれている、これが我々を守ってきてくれたんだな、という実感がありますよ。体で感じた想いですよ。武器など絶対に使用しないで、平和を具現化する。それが具体的な形として存在しているのが日本という国の平和憲法9条ですよ。それを現地の人たちもわかってくれているんです。だから政府側も反政府側もタリバンだって我々には手を出さない。むしろ守ってくれているんです。9条があるから海外ではこれまで絶対に銃を撃たなかった日本。それが本当の日本の強みなんですよ。】

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

中村哲の合言葉は【水路一つが医者何百人もの働きをする】【100の診療所より1本の用水路】だった。

日本では当たり前の【食べること・飲むこと

しかしアフガニスタンの環境はそうではい。

中村哲は、まずは【食べる・飲むこと】に困らない生活環境を作る。

そしてそれによって健康的に過ごせるということが病気を予防することになると強く感じていました。

 

★きれいな水と美味しいごはん

日本だと当たり前のことだがアフガニスタンでは当たり前ではない。

彼が目指したものは、そんな日本では当たり前のことでした。

多くの困難に直面しながらも井戸堀りに用水路建設など少しずつ実現していきました。

そして今では65万人の生活を支える基盤を作り上げたのです。

 

この偉業は平和を目指し成し得たわけではないとの事と感じさせます。

※気づいたらこうなっていったということです。

それが、彼が残した下記名言を見てわかります。

立派な動機があってそこに赴き、志と信念を貫いて現在に至ったというのが分かりやすいですけれども、残念ながら私にはこれといった信念はありません。自分の気に入ったところで自分のできる範囲で人々と楽しい気持ちで暮らす方がいい。それ以上の望みもなかったし今もありません。

 

人間として当たり前のことを当たり前にやった。

ただそれだけである。

彼はそう言っているように感じます。

 

中村哲が亡くなった後も、意思は受け継がれ、今もアフガニスタンで医療活動・農業事業は続けられています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました