スポンサーリンク

会社をダメにする社員の特徴を10個紹介します。

仕事に関すること
スポンサーリンク

こんにちはJONです。

 

今回は、会社によくいるダメな社員について話していきたいと思います。

 

会社には様々な社員が働いています。

そのさまざまな社員を大きく3つに分けると、

・2割は優秀な社員。

・6割は普通の社員。

・2割はダメな社員。

大体これに近い割合で区分できるみたいです。

 

ということで今回は、ダメな社員の特徴を10個紹介していきます。

是非、参考にしていただきダメな社員にならないようにしていきましょう。

 

★ダメな社員の特徴

・会社や上司の悪口ばかり言っている
・給料は会社がくれるものだと思っている
・自分はこういう人間だと言って変わろうとしない
・ミスをしたら一生懸命やっていると言う
・自分の仕事のやり方にこだわる
・辛口な評論家のような発言をする
・自分に甘く他人に厳しい
・同じミスを何回も繰り返す
・自分より弱い立場の人をいじめる
・常に受け身である

 

どうでしょうか?

当てはまる部分ありませんか?

どんな優秀な人でも、人間ですので完璧はないと思います。

時には愚痴りたいこともあるだろうし、選択や判断を間違えることだってあるだろうし、ミスを犯すことだってあると思います。

大切なのは、自分を成長させようという姿勢・気持ちがあるかどうかだと思います。

 

会社というものは、日々成長していかなけれな生き残れません。

会社が成長するにはどうすれな良いか?

それは、そこで働いている人たちの成長がそのまま会社の成長に直結するものだと思います。

ですので、今回はダメな社員にならないようにとのテーマで書いていますが、優秀な人でもダメな社員になる可能性がありますし、逆に、今はダメな社員であったとしても、これから優秀な社員に成長できる可能性だってあると思います。

ですので、物事は前向きに捉え、優秀な社員になれるように成長していきましょう。

 

それでは、優秀な社員になっていくためにはどうしていけば良いかについて大切なことを3つ消化していきたいと思います。

 

★大切なことは下記3つになります。

・ありがとうを大切にする
・謙虚な気持ちを忘れない
・給料はお客様から頂くことを理解する

 

ということです。

では、順番に紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ありがとうを大切にする

ありがとう】の一言には、不思議な力があります。

人生を豊かにし、心の絆を限りなく広げていくことができます。

会社や自身の成長・発展も、すべては他者への【感謝の想い】を伝えることから始まると思います。

きちんと【ありがとう】を伝えることのできる人になっていきましょう。

謙虚な気持ちを忘れない

老いも若きも自分以外は全て先生

これは極端かもしれませんが、それくらい人に対し敬意をもって接していけることが大切であるということなんです。

全てにおいて謙虚というはありませんが、

給料はお客様から頂くことを理解する

毎月、売上・利益を求められている部署の社員は、この部分については痛いほどわかっていると思います。

しかし、間接部門で働いている社員なんかは、お金の動きというものを理解せず、他人ごとに感じてしまっている人が多いように思います。

 

うちの会社でもそうです。

ですので、そういた社員はコスト意識も薄いですし、売上・利益があろうがなかろうが自分は仕事をしているわけだから給料をもらって当然だなんて顔してます。

 

やっぱり、そういう社員にだけはなりたくないなと思います。

 

※例を挙げていえば、家の中の子供と一緒です。親はお金を稼ぎ家計を回しいますが、子供はそれを理解していないのと同じです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今年は、コロナの影響もあって一気に不況に陥ってしまった会社・倒産してしまった会社がたくさんあると思います。

これからもまだまだ厳しくなる会社は増えると思います。

 

ですので、社員の皆さんは、ダメ社員なんて会社から思われないようにしっかり自分の存在価値を高めていきましょう

 

※そうしないと、リストラされてしまいますよ(;^ω^)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました