スポンサーリンク

無理なく歌が上手くなれる方法を5つ紹介します。

音楽に関すること
スポンサーリンク

こんにちはJONです。

 

今日はなるべく簡単に歌がうまくなっていける方法を5つ紹介したいと思います。

 

私もまだまだ勉強中の身ではありますが、バンドをはじめて十数年、数々のライブやオリジナルソング作成などを経てきた経験もあります。

それを基としながら、ご紹介させていただきたいと思います。

 

・カラオケで上手く歌いたい。
・発表会や文化祭で歌う予定がある。
・聞いている人たちを、あっと驚かせたい。

そんな風に思っている人に試していただきたいです

是非、参考にしてみてください。

 

★簡単に歌がうまくなっていける方法は下記5つです。

・好きなアーティストをまねる。
・自分に合ったキーの曲を選ぶ。
・自分の歌を録音し確認する。
・空腹時のほうが声が出やすい。
・音響は大切。ほどよくエコーをかける。

 

それでは順番に紹介していきます。

 

スポンサーリンク

好きなアーティストをまねる。

好きこそものの上手なれです。

好きなアーティスト、憧れのアーティストの曲を何度も聴いて、車の中など、人がいないところで大きな声で歌っていきましょう。

私は、若いころ、恥ずかしい話ですが、これをひたすらやりました(;^ω^)

当時私は、洋楽のBONJOVIが大好きでしたので、とにかく夜な夜な車の中で大声で歌いまくっていました(;^ω^)

正直、洋楽のハードロック系は声が高いわりにパンチがある感じですので到底まねできるレベルではなかったのですが、自分の中では、【意地でも歌ってやるぞ】的な感じで毎日練習していました(;^ω^)

※コピーバンドをしていたこともあり、なおさら憧れ心が強かったこともあります。

 

でも、そのおかげで、声質までは変えられなかったものの、声の音域の幅は格段に変わりました。

 

※今では音域を広げながら声質は自分の声を活かし、ちょうどいい感じになっていると思います。

 

是非、好きなアーティストになりきって、思いっきり歌って練習してみましょう( ´∀` )

 

自分に合ったキーの曲を選ぶ。

カラオケや発表会・ライブの時とか人に聞かせる場面などでは、できれば自分に合ったキーを選曲していくと良いでしょう。

自分に合ったキーのほうが、無理なく歌えますし、上手に聞こえると思います。

人に聞かすときは、自分に合った曲を選曲していくようにしましょう。

 

※ただ、練習のときは、自分に合ったキーだけではなく、少々きつめのキーであっても音域を広げていくための練習としては歌っていくと良いでしょう。音域の限界を感じながら少しずつ広げていく感覚を養っていくことは非常に大切です。※実際、私の場合もそのおかげでキーの幅を広げられています。

 

ということで、

練習時は自分の限界の幅に挑戦しつつ、人前では自分に合ったキーで選曲していきましょう。

 

自分の歌を録音し確認する。

自分の歌声を実際に聞くということは非常に大切です。

そうすることによって自分の状態がわかります。

※その録音した自分の声というものが、実際に他の人たちに聞こえている声だと思ってください。

 

歌っている時に聞こえる自分の声と、実際に録音してみて改めて聞く自分の声がこんなに違うんだと発見できると思います(;^ω^)

※誰もがそうかわかりませんが、私の場合はそうです。

 

ちなみに、私は自分の声は大嫌いです(;^ω^)

でも、他人からは、いい声だと言われることがあったりします。

その辺がよくわからないところではあります。

 

※結局は、うまいか下手か、いい声かどうかは、自分が判断するのではなく、聴いている他人が判断するということだと思います。

 

とにかく録音して確認していくということは、己を知るという意味と、今後どう歌っていけばいいかの方向性が見えてくると思います。

ですので録音して自分の歌・声を確認していくようにしていきましょう。

 

※今はスマホでも簡単に録音できますので、そういったツールも手軽に活用していきましょう。

 

空腹時のほうが声が出やすい。

これについて、正直根拠はわかりません。

ただ単に、わたしの経験上の感覚だけです。

私は、満腹時よりも空腹時の時の方が歌いやすいですし、声も通り高音も出やすいと感じます。

人によって違うのかもしれません。

もし良かったら試してみてください。

音響は大切。ほどよくエコーをかける。

音響は非常に大切です。

例えば、お風呂場やホール、体育館など、声が響く場所で歌うと、なんか歌が上手くなった気がすると思います。

声の響きに奥行きが増すことによって、他人の耳に聞き心地のよい音になっていくんだと思います。

カラオケなども同じです。

エコーをかけた時とそうでないときとでは聞こえ方が変わると思います。

エコーをかけている時の方が心地よい響きとなります。

ですので、そういった力もかりていくと、より上手く聞こえると思います。

是非、試していきましょう。

 

エコーのかけすぎは逆効果になりますので要注意してください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、なるべく簡単に歌が上手くなっていける方法を5つ紹介させていただきました。

 

私が若いころはカラオケがはやっていました。

でも、その後少しづつ廃っていったような記憶です。

 

最近また、若者を見ていると、よくカラオケに行っているなと感じます。

うちの子供らも、本当によくいっています。

またカラオケブームがきているのかなと感じています。

 

昔と違って、今はカラオケ機能が進化しているからなんでしょうか。

それともただ単に、やっぱりみんな歌が好きということなんでしょうか( ´∀` )

 

音楽は国境を超え、たくさんの人を癒し生きる活力も与えてくれます。

本当に素晴らしい力があります。

 

あなたもそんな音楽を通し、是非少しでも歌が上手くなって、楽しく歌いながら人生を謳歌していきましょう( ´∀` )

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました