スポンサーリンク

【こうじゃないといけない!】という時代ではなくなってきた。そんな時代に求められていく思考を3つ紹介します。

生活に関すること
スポンサーリンク

こんにちはJONです。

 

よく、【昔はこうだった】とか、【こうしなければいけないんだ】とか、そんなことばかりを口にしている人、周りにいないですか?

 

っていうか、あなた自身も、そういう言葉を、若者や後輩等に対して発してしまっている時とかないですか?

 

私自身、【年はとっても柔軟だぞ】と自分では思っています。

でも、ついつい、思い通りにいかないときなどは、そういったことを口にしたりしてしまう時があります(;^ω^)

 

人というのは、年をとればとるほど、自分が今までやってきたことや、身に着けてきた考え方などに固執してしまい、その呪縛からなかなかと脱することはできないものです。

 

それは、ある側面から見れば悪いことではないと思います。

 

でも、違う側面から見れば間違っているかもしれません。

 

固執した古い考え方が邪魔をして、新しいことへの挑戦ができていないかもしれません。

もしそうであれば、自分自身の成長は止まります。

後退していくだけだと思います。

 

人によっては、自分の固執した考え方とは違う人を寄せ付けない人もいます。

そういう人は、時の流れにはついていけず孤独に取り残されていくでしょう。

 

今や日本は、テクノロジーが目まぐるしく発展し続け、本当に素晴らしい時代になりました。

 

しかしその反面、自殺や孤独死などが増えている実情があります。

 

輝かしい社会の表舞台とは別に存在している裏の現実問題。

決して他人ごとではありませんよね。

明日は我が身です。

 

そういった実情を踏まえながら、今のうちから発想の転換・柔軟なものの考え方を身に着けていきましょう。

そして自分の人生を、より楽しく謳歌していけるものにしていきましょう。

 

ということで今回は、この変化の時代に取り残されないために身につけておきたい思考について3つ紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

【こういうのもありだよね】と変化を楽しむことができるようになっていきましょう。

 

自分の考え方、やり方と違った人が現れた時、【この人は変だよな】【変わってる人だよな

なんて思ってしまいがちです。

 

でも本当にその人は変な人なのでしょうか?

変わってる人なのでしょうか?

 

もしかしたら、あなたが変なのかもしれませんよ。

 

物事の観点は、人によって様々です。

 

例えば、コーヒーを、夏だろうが冬だろうがホットを好む人もいます。

また、納豆が好きな人もいれば嫌いな人もいます。

 

他にも上げればたくさんあるとおもいますが、そういったことと同じだと思います。

 

十人十色という言葉がある通り、人それぞれなんです。

そもそもこれが普通なんです。

 

ですので、人によって考え方がやり方が違って当然なんです。

 

まずは、自分の考えはさて置き、相手の考え、やり方を、謙虚に学ぶという姿勢・意識を大切にしていきましょう。

 

世間体ばかりを気にするようではもう古い。その考え方を改めていけるようにしていきましょう。

 

子供の教育で世間体を気にしすぎる親がいます。

そういう親は子供が嫌がっているにもかかわらず無理やり塾に行かせたりしています。

 

学歴や世間体ばかりを気にして他の子と比べ、大切なことを見失っているんです。

良い高校や大学に行かないといい就職先がないと思い込んでいるんです。

 

このような考えでは、人生偏ってしまいます。

 

ある局面から見れば必要な部分は確かにありますが、それに固執し過ぎて子供をつぶしてしまうようでは本末転倒です。

 

今の時代は、学歴がなくても稼いでいる人だってたくさんいます。

これは、一例ですが、こういった偏った考えは良くないと思います。

 

まずは、世間体ばかりを気にするのではなく、個人を尊重していくことを大切にしていきましょう。

 

★目的と手段が入れ替わらないように注しましょう。

 

 

今まで以上に好奇心をもって、新しいことへ積極的に挑戦していきましょう。

 

環境などの変化は、ストレスや労力を要するため、苦手意識を持っている人が多いと思います。

年配になればなるほど、そういう傾向にあると思います。

私も同じです(;^ω^)

ですので、現状維持にとどまっています(;^ω^)

 

でも、人生は1回しかありません。

年配になったとしても、健康で動きまわれるのであれば、いろんなことに挑戦し続けるということは大切だと思います。

 

私ごとですが、今年の7月に母が亡くなりました。

うちの母は、亡くなる寸前まで仕事をしていました。

また、父は健在ですが、脳梗塞を2回、脳出血を1回やっており、寝たきりではないですが介護状態になっています。

 

こういった経験から、本当に人生というものを深く考え勉強させられています。

やっぱり健康で生きていられる間は、いろんなことに興味を持って、失敗してもいいので積極的に挑戦できる人になった方がいいと思うようになりました。

 

自分の人生、後悔しないためにも、いろんなことに好奇心を持って、積極的に楽しんでいきましょう。

 

まとめ

 

ちょっとだけ私の経験談も踏まえながらお話させていただきました。

 

今の時代は、20年前とくらべれば、本当に劇的に便利な時代となりました。

世界との距離もどんどん狭まってきているのではないかと感じます。

 

ですので、自分のためにも固定概念はできるだけ捨て、柔軟に生きていければ思っています。

人生楽しみましょう( ´∀` )

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました