スポンサーリンク

【パニック障害について】私の体験を紹介します。【その①】

生活に関すること
スポンサーリンク

こんにちはJONです。

今回はパニック障害について話していきます。

 

実は私は、約10年ほど前からパニック障害を患っております。

このことは家族は知っていますが、会社の人は知りません。

会社での立場等もあり、なかなかと告白できずに生活をしているのが実情です(;^ω^)

 

今回はそんな私が、私の経験も踏まえながらパニック障害について少しだけ語っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

はじめてパニック障害を宣告されたときのこと

 

私がパニック障害だと、病院から宣告されたのは、30代の半ばころだったと思います。

その日の晩は、いつものように家でビールを飲んでいました。

すると突然、息苦しくなり、過呼吸の発作に襲われました。

その時は、何が起こったのかよくわからず、とにかく息苦しい、死にそうだと家族にすがりました。

そして、救急車を呼んでもらい、すぐに病院に運ばれました(;^ω^)

 

あまりにも苦しかったので、肺に穴でも開いたのではないかとビビりました。

病院に運ばれてから、医者に息苦しいという症状を訴え、すぐにレントゲン・CT検査など行ってもらいました。

しかし、検査結果は異常なしでした。

正直、あまりにも苦しかったので、そんなはずはないだろうと思いました。

でも、体はどこも異常がないとの診断結果でした(;^ω^)

 

そういった経緯から、救急対応してくれた医者に、後日精神科を受診するように勧められました。

そして、その指示に従い、精神科を受診することにしました。

正直、精神科を受診するのは、すごく抵抗がありました。

でも、発作があまりにも苦しかったので、医者の指示にしたがい、素直に受診することにしました。

そして、いよいよ精神科の窓をたたき受診しました。

精神科はまず、私の今までの生活など様々なヒヤリングを行ってくれました。

そしてそれをもととして診察が始まりまりました。

 

そこで、初めてパニック障害だと宣告されました(;^ω^)

この日から、私とパニック障害の長い付き合いが始まったわけです(;^ω^)

 

少し話は変わりますが、

私は30歳の誕生日を迎えるころに、自然気胸という病気を患い、数週間入院し、

手術したという経験があります。

自然気胸とは、肺に穴が開く病気です。

この病気もストレスからくるのではないかといわれているみたいですが、原因はわかりません。

 

話を戻しますが、実はこの病気を数か月前に克服してばかりということがありましたので、息苦しさをパニック障害ということでかたずけられてしまうことが複雑な心境でした(;^ω^)

 

今となっては、難しく考えることは減りましたが、当時は精神科を受診しパニック障害を宣告されたことがショックで、素直に病気を受け入れることができませんでした。

この病気は精神が弱いからかかってしまうんだと自暴自棄に思っていました。

 

でも、パニック障害というものは、そんな簡単な病気ではないということがわかってきています。

パニック障害は、脳の誤作動による病気なんです。

パニック障害は、発作が起こると、何らかの影響で脳のセロトニンが分泌されず、身体に影響を及ぼしてしまうようになります。

根本原因は、現代の医学では未だ解明できてはいません。

近い将来、パニック障害の原因を、医学的に突き止め、完全なる解決策を見出してほしいと強く願っています。

 

対処法をなんとなく把握していく

 

パニック障害は、死ぬようなことはないと信じていますので、発作が起きそうな場合は頓服を服用したり、呼吸をゆっくりしたり、体の体せいを、自分にとって楽な形にしたりして、その場を乗り切ろうとは努力しています。

そうやってうまく対処していく方法で、ひとまずやり過ごすようにしています。

 

私は毎晩、パキシル(12.5)1錠とソラナックス【アルプラゾラム0.4】1錠を寝る前に服用しています。

過去に数か月、まったく薬を服用しなくてもいい時期もありましたが、やっぱりまた服用しないとつらい状態になってしまい今に至っています。

不定期ですが、薬がなくなりそうになった時に病院に薬をもらいに行くようにしています。

 

完治を目指さない

 

私の体験からして、パニック障害を完治させるというのは難しいと判断しています。

私の症状は、まだ軽いほうだとは思いますが、そんな私でも完治できていません。

おそらく、うまく付き合っていくのがベターなのかもしれません(;^ω^)

普段はほとんど大丈夫ですので、何とか完治させられるのではと思ってはいますが、

やっぱり日常の生活は、どうしても環境や、仕事・家庭など状況の変化があります。

ですのでストレスをゼロにはできないため、そういった意味では大なり小なり気持ちの変化による脳への影響はあります。

そういったときに、どうしても発作を誘発しやすくなってしまうと感じます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回はパニック障害について私の経験話を少しさせていただきました。

 

パニック障害は、発作が起きると、本当に苦しくて、のたうち回るくらい苦しいです。

おそらくこの病気は、なった人にしかわかりません。

それくらいパニック障害はつらく・キツく・苦しい病気です。

 

そんな厄介なパニック障害の野郎を、いつかは完治させらることを夢見つつ、これからもできるだけ上手に付き合っていきたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました