スポンサーリンク

親孝行とは何か ? 親の立場から思う事を5つ紹介します。

生活に関すること
スポンサーリンク

こんにちはJONです。

 

自分は親不孝者だと思っているあなた。

親が生きている間に、なんとか親孝行していければと思いますよね(;^ω^)

 

今は昔と違い、ひとりで生きていけるのではないかといった錯覚感のある時代となっています。

それもあって親子関係が希薄になってる感じがあります。

自分が一番大事で親の事なんか構ってられない。

自分の身を削ってまで親には尽くせないし尽くしたくもない。

なんか、日本全体がそういったような空気になりつつあると感じる時があります。

 

ちょっと話はそれますが、日本での孤独死の人数は年間で3万人弱いるみたいです。

ひとり寂しく亡くなっている人がこれだけもいるという現実なんですね。

日本は平和と言ってもなんか複雑です(;^ω^)

 

話を戻しますが、親孝行とはいったいどういったものなんでしょうね ?

親でもあり、子でもある私ですら、いまいちわかっていないかもしれません(;^ω^)

 

そんな私からではありますが、私なりに思った親孝行を5つ紹介してきたいと思います。

参考までに読んでいただければと思います(;^ω^)

 

スポンサーリンク

時には親を頼ってみる

子供の頃は、親がいないと当然生きていけませんでした。

でも大人になるとそんな簡単に親に頼れないというプライドがでてきます。

人は大人になると素直になれないんですよね(;^ω^)

 

でも、たまには親を頼ってみましょう。

★親を頼ると言っても、お金や物質的なものだけに頼るという意味ではありません。

★ここで言う頼るとは、人生で悩んだ時とかに相談するとか話を聞いてもらうという事です。

 

自分のことを親に話すというのは嫌かもしれません。

でも親はあなたよりも人生を長く生きている大先輩です。

子供から悩みを打ち明けてくれるだけで嬉しいと感じるものです。

 

★人生に悩んだ時は親を頼って自分から話をしてみるようにしましょう( ´∀` )

 

自立した姿を見せる

職場や社会で色んな人間関係を上手く構築しながら立派に生きているだけでも親孝行になると思います。

あなたが、ひとりの人間として立派に社会で生きていけているだけで幸せを感じます。

親とはそういうものなんです( ´∀` )

 

★ひとりの人間とし自立して生きていきましょう( ´∀` )

 

自分の子供を誰かから褒めてもらえる

誰かから、子供のことを褒めてくれているような話が聞こえれば、親からすればそれだけで嬉しいものです。

仕事や地域の活動、何でも構いません。

子供の事を褒められて嬉しいと感じない親などいません。

 

あなたが、人に貢献できる人間になっていければ、自然とそういった話は親にも伝わっていくものです( ´∀` )

 

※人から必要とされ、しっかりと社会貢献できる人間に成長していきましょう( ´∀` )

 

できれば結婚して孫ができる

今は少子高齢化の時代です。

ある意味、結婚をするのが難しい時代になっているのかもしれません。

ですので、誰とも結婚をせず一生を終わるという人も増えているように感じます。

★それはそれで、その人の人生ですから自由だと思います。

 

とは言っても、やっぱり自分の子供には結婚して幸せな家庭を築いて欲しいです。

どんな困難があったとしても、最後まで諦めることなく頑張って欲しいです。

人間としてこの世に生を受けた以上、何としても結婚し子孫を残して欲しいと願っています。

 

健康で生きてくれている

私の周りでも、親よりも先に子供が亡くなってしまった人がいます。

本当にいたたまれないです。

想像を絶するショックだと思います。

もし自分だったらと思うと、生きていけないと思います。

 

★絶対に親より先に逝ってはいけません。ここだけは譲れません。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか ?

一言で親孝行といっても、年齢や性別・立場によって様々見方は違います。

ですので、ここでの話はあくまでも私の私感の話となっていますので悪しからず(;^ω^)

 

親というのは子どもがいくつになっても無常の愛を注ぐものだと思います。子供から何か見返りが欲しいというのは無いと思います。ただ、子供が幸せに生きているというだけで嬉しいものです。本当にそれだけです。

 

ですので、

人様に迷惑をかけるような人間になってはいけません。

人から慕われる人になってください。

できれば自分の家族を築いてください。

あなたがしっかりと生きて成長していけば、それだけで十分親孝行になります( ´∀` )

 

まず自分に負けない人生にしていきましょう。

そしていつか、こんなにも成長したんだという姿を親に見せてあげましょう。

あなたならできます。

応援しています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました