スポンサーリンク

【心に響く偉人の言葉】ビル・ゲイツの名言に学ぶ。

心に響く言葉・名言
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビル・ゲイツの略歴

 

ハーバード大学を中退し、1975年にマイクロソフトを設立。

1995年に【windows95】を発表。

これが世界中で爆発的なシェアを取り、大きなムーブメントを引き起こすこととなる。

windowsシリーズを成功させた後、新たな事業を立ち上げた。

2001年にはXBOXを開発。ゲーム業界に参入。

2000年にはCEO職をスティーブ・バルマーに譲り、2008年には、一線から退いたとされる。

この頃から本格的に慈善事業家として活動し社会貢献に力を入れていく。

数々の事業を成功させ、巨万の富を得て慈善事業へも力を入れ続けているビル・ゲイツ。

そんな彼の名言から学んでいきたいと思う。

 

【国】:アメリカ合衆国 ワシントン州 シアトル

【生】:1955年10月28日

 

心に響く言葉、ビル・ゲイツの名言

 

★私たちはいつも、今後2年で起こる変化を過大評価し、今後10年で起こる変化を過小評価してしまう。無駄に過ごしてはいけないんだ。

 

★なぜファーストクラスに乗らないかって、だってエコノミーでも到着する時間は同じだろ。

 

★ビジネスは非常に簡単だと思う。売上からコストを引けば大きな黒字が出る。計算は極めて簡単だ。

 

★マイクロソフトの行動は非常に迅速だ。我々は顧客のニーズに応じて優先順位を決めている。

 

★スピードこそが企業にとって最も重要になる。

 

★私は5年間急成長する企業には驚かないが、20年、30年にわたって継続的に優れた成果を出している企業には非常に興味がある。要は、永続性のメカニズムが埋め込まれているかどうかなのだ。

 

★成功ってのは、やっかいな教師だ。やり手を臆病者に変えてしまうからね。

 

★問題は未来だ。だから私は、過去を振り返らない。

 

★成功のカギは、的を見失わないことだ。自分が最も力を発揮できる範囲を見極め、そこに時間とエネルギーを集中することである。

 

★積極的に考え、積極的に行動する人ほど、積極的に遊び、積極的に心身を癒している。つまり、仕事が充実している人間ほど余暇も充実しているということだ。

 

★グーグルでも、アップルでも、フリーソフトでも、素晴らしい競争相手だし、僕らの気を引き締めてくれるよ。

 

★自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。それは自分自身を侮辱する行為だ。

 

★人生には学期はない。夏休みもないし、【自分探し】を手伝ってくれるような雇用主もほぼ皆無だ。

 

★あなたの顧客の中で一番不満をもっている客こそ、あなたにとって一番の学習源なのだ。

 

★私は物事をとことん突き詰めるのが好きなんだ。そうすれば、たいてい良い結果が出るから。

 

★同じ決断を二度するな。最初の決断に十分時間をかけて確固たる決断を下せば、同じ問題を二度考えずにすむ。

 

★自分が出したアイデアを、少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、独創的な発想をしているとは言えない。

 

★人類史上の進歩のほとんどは、不可能を受け入れなかった人々によって達成された。

 

★リスクを引き受ける気があるなら、悪いニュースに多少目をつぶることは必要だ。不安はあっても、【上手くいく保証はないが、ベストを尽くしてみようじゃないか】というぐらいの勇気がなくてはならない。

 

★私は起業家という言葉をいつも拒否してきました。【会社を始めよう、何の会社にしようか】では決して成功はないと思います。

 

★最初から、我々の目標は【すべての机と、すべての家庭にコンピュータを】だった。

 

★一心不乱に働くこと、ベストを尽くすことが嫌だというなら、ここは君のいるべき職場ではない。

 

★私は教える人間ではない。学ぶ人間だ。学ぶことが大好きな人たちと一緒に仕事ができることを大いに気に入っている。

 

★世間は、君の自尊心を気にかけてはくれない。世間は、君が自尊心を満たす前に、君が何かを成し遂げることを期待している。

 

★成功を祝うのはいいが、もっと大切なのは失敗から学ぶことだ。

 

★我々次第で会社がつぶれる可能性さえあるということを、常に念頭に置きながら毎日会社にきている。常に気を引き締めて、重要な変化をもたらす革新的な研究に長期的な投資をしなければならないと考えている。

 

★変化の速い産業で成功している企業は、カギとなるトレンドの最先端を行き、その新しい応用に価値を付加できる企業だ。

 

★しばしば、直観が頼みの綱になる。

 

★若い人を優先的に雇っている理由は、若い人の方が向上心があるし、新しいアイデアがどんどんと出てくるからだ。

 

★人間にはものを考える時間が必要だ。

 

★人生は公平ではない。そのことに慣れよう。

 

★難しい仕事があるとき、私は怠け者に任せる。だって怠け者は、仕事を簡単に片づける方法を見つけ出すからね。

 

★成功の秘訣 ? それは大きなビジョンが持てるかどうかだよ。

 

★必要なのは強力なチームだ。なぜなら、どんなに良く管理されようと、平凡なチームからは平凡な結果しか生まれないからだ。

 

★満点をとったことは自慢にならないよ。本当に大切なのは知識を丸暗記したり、教えられた通りのことを答案に書くことではなくて、先を見る洞察力だ。

 

★この20年間は、信じられないような冒険の日々だった。

 

★金持ちだからといって、それで得することはあまりない。

 

★私は富を社会に還元せねばならぬと、10年ほど前に気がついた。想像できないほどの額の財産は、子供たちに継がせないほうがいい。彼らにとって建設的ではないからだ。

 

★すべての子供をすばらし方法で教育し、すべてのスラム街がきれいになるまで、やることがなくなることはない。

 

★技術は単に道具に過ぎない。子供たちを共に勉強させ、動機付けを行うには、先生こそが最も重要なのだ。

 

★徹底的な話し合いは、ムダに終わることが多い。

 

まとめ

 

【富を社会に還元せねばならぬと10年ほど前に気がついた】

 

数々の事業を成功させ大富豪となったビル・ゲイツ。

偉業を成し遂げ、そして世界から賞賛される人物の深みは想像もつかない領域なのだと感じる。

人間が辿り着くべき先というのは、短い人生の中で、どれだけの他人に貢献できたか ? どれだけの人を幸せにできたか ?

ということなのかもしれない。

一生で出会える人は限られている。

そんな中で、敵だ見方だ、好きだ嫌いだと騒いでいる場合ではない。

桜梅桃李、大小に関係なく、その人にしか救うことが出来ない人は必ずいる。

そう信じ、今日もまた一歩前進をしていければと思う。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました