スポンサーリンク

なぜ信号機は赤黄緑の3色が使われているのか ? そしてなぜ緑を青と呼ぶのか ? などを簡単に解説します。

生活に関すること
スポンサーリンク

こんにちはJONです。

 

信号機はなぜ赤黄緑なんだ ?そしてなんで緑を青って呼ぶんだ ?なんて素朴な疑問を持ってしまったあなた。

私と同じ疑問を持っちゃいましたね(;^ω^)

 

私は田舎に住んでいますので、仕事の通勤も普段の生活も車は必需品となっています。

ですので、当然毎日のように信号機にはお世話になっております(;^ω^)

そんな普段の日常生活の中で、ふっと疑問に思ってしまったんです(;^ω^)

なんで信号機の色は、赤・黄・緑なんだ ?

なんで緑なのに青って言うんだ ? (;^ω^)

 

ということで今回は、あなたと私の為に信号機の色について少しだけ調べてみました。

その内容を簡単ではありますが解説していきたいと思います。

 

それでは行ってみましょう( ´∀` )

 

スポンサーリンク

なぜ赤・黄・緑の3色が使われたのか ?

 

見やすい色に決められた。

色が決められた理由は【雑学全書】によると、

①色には波長がありこの長さが長いほど人間はその色に気づきやすい

②信号の赤・黄・青は、いずれも波長が長く遠くからでも見やすい

③特に赤は、色の波長が長く、また、視神経を強く刺激する色であるため注意喚起となる【止まれ】の信号に用いられた

④昔は白もあったみたいだが、霧の中でも遠くに見える赤が選ばれた。

⑤色の性質をいうと、赤と黄色は目立つ色で、青や緑は落ち着く色。

⑥赤と反対の性質を持つ色は、青緑で、黄色は、赤と青緑の中間にある色

ということで選ばれたみたいですね。

 

なお、信号機の色は海外でも日本と同じ赤・黄・緑の3色が使われています。

これは、CIE【国際照明委員会】によって、信号機は赤・黄・緑・白・青の5色と規定され、交通信号機には赤・黄・緑の3色が割り当てられているからです。

 

※日本で最初に信号機が導入されたのは1930年(昭和5年)3月。

東京の日比谷交差点に設置されました。

アメリカ製の信号機で、灯器を交差点の中央におく(中央柱式)タイプの信号機でした。

 

緑なのに青と呼ぶのはなぜか ?

 

緑を青と呼ぶ理由は、【青】が表す範囲の広さにあると言われています。

青野菜、青物、青葉など、緑色のものを青と呼ぶことが多いこともあり、緑信号を青信号と表現するようになったみたいです。

また、赤の対極にある色が青という説や、3原色である赤・黄・青が影響しているという説もあります。

こういった理由から、緑信号を青信号と呼ぶのが一般的に定着していき、

1947年【昭和22年】に法令でも、青と呼ぶようになりました。

色の配列の理由は?

 

信号は、左から青・黄・赤の順番になっています。

どうしてこの順番になったのかと言いますと、

まず、信号機で一番危険を表す重要な色である赤を、道路の端から中央寄りに置く方がドライバーに見えやすくするのというのが目的です。

一般的にはドライバーは右側に座っていますので、赤信号も右側にあった方が気づきやすい位置だと思います。

そういったことから危険度の順に配列が決まっていったとされています。

※ちなみに縦信号は赤が一番上の方が見やすいという事だと思います。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか ?

 

なんか、簡単な説明で申し訳なかったです(;^ω^)

今後もちょっとした疑問に思った雑学的な事なども、リサーチし記述していければと思っています。

良かったら、またよろしくお願いしますね(;^ω^)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました