スポンサーリンク

【中学野球】クラブチームについて親の負担を紹介

スポーツに関すること
スポンサーリンク

こんにちはJONです。

 

これから中学のクラブチームに入られるお子さんをお持ちのあなた。

クラブチームは、学校の部活とは違い、大なり小なり親の負担というものが出てきます。

少年野球の頃に、ある程度は経験されたと思いますが、

その時より、負担が増える部分があります。

 

父親であれば、少年野球時代のような父兄コーチ的な負担は基本無いと思いますが、その代わりに環境整備的な負担が出てきたりします。

母親であれば、少年野球の頃はお茶当番があったりしたと思いますが、中学の場合は、チームによっては、交代で一日グランドに張り付いたりしなければいけないところもあります。

これは入るチームによってさまざまですので予め確認した方が良いと思います。

 

お子さんがクラブチームに入って野球がしたいと思っているのであれば、あなたはこういった負担を覚悟するしかないですね(;^ω^)

 

という事で、今回は中学野球でクラブチームに入る場合の、親の負担について考えていきたいと思います。

 

大きくは下記3つとなります。

 

・費用負担

・父親の負担

・母親の負担

 

負担というといかにも重い感じがします。

がしかし、この負担を担っていく中で、楽しい部分も出てきたりします。

子供と一緒に頑張っているというのも実感できますし、チームの中で仲間が出来たりもします。

試合観戦も、少年野球の時よりは迫力も出てきて楽しくなったりします。

そういったプラス要素もたくさんありますので、良い思いをするための負担だと思って取り組んでいって欲しいと思います。頑張っていきましょう( ´∀` )

 

それでは簡単ですが、ひとつずつ説明します。

 

スポンサーリンク

費用負担

 

費用負担は、クラブチームに入る以上、少年野球の時よりは、かなりかかってきます。

 

少年野球の時は、月数千円ですむケースがほとんどでしたが、

中学では数倍以上は間違いなくかかります。

月謝以外にも、道具費はもちろん遠征費やイベント費やらなんかで、とにかく費用はかかります。

 

費用負担がキツくて、クラブチームに入るのを断念する人もいます。

 

※チームによって費用の違いもあるので、予め確認した方が良いと思います。

 

※費用的な事でいえば、軟式クラブチームの方が硬式クラブチームより負担は軽いと思います。

 

父親の負担

 

少年野球時代は、父兄コーチとして参加するケースが多いと思いますが、中学野球では、そういった負担はほぼ無いと思います。

その代わり、父親の役目としては、道具車を移動させる当番とか、グランド周辺の草むしりや、グランド整備などあります。

また、試合の時は、審判やスコア・SBOといったことや、父兄の送迎といった負担があったりします。

 

※父親としてはそういった、裏方的なフォローはどうしても必要になってきます。

 

母親の負担

 

母親の負担としては、父親よりも大変な部分があったりします。

まず、弁当を作るのはもちろんですが、チームによっては、グランドに1日中張り付かなければいけない当番があったりします。

※張り付く理由としては、監督・コーチに対するドリンクや弁当の準備。

子供がケガをした時などのケアや連絡係といった役割です。

 

※1日張り付きの当番については、うちのチームも入部1年目はやっていましたが、徐々に軽減し、最終的にはなくなりました。

 

グランドに1日張り付くというのはかなりの負担だと思いますので、これも予め確認しておいた方がいいと思います。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか  ?

程度の差はあるにせよ、クラブチームともなれば、大抵のチームは、親の負担は避けられないと思います。

お子さんをクラブチームに入れるのであれば覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

もうひとつ、これもチームによりますが、グランドや室内練習場を保有しているチームとそうでないチームがあります。

できれば設備を保有しているチームの方が親的には楽なのかもしれません。

 

グランドを持っていないチームは、基本ジプシーとなり、毎回集合場所が変わったりします。

近場ならいいのですが、練習のために遠方までいかなければいけないという事は当たり前になっているチームを耳にします。

そういった部分も確認しておいた方がいいと思います。

 

ただ、そういったチームでも、一長一短あり、グランドを持っていない分、環境整備などの負担は軽減されるという部分はあるかもしれません。

そういう意味では、一概にここが良い、ここがダメとは言えない部分はあります。

 

どちらにせよ、チーム選びは慎重に、現地に足を運び、できれば複数回確認してから決めるようにしたほうがいいと思います。

そして、あなたのお子さんが、一番いいと思うチームを選んでいけるようにしてください( ´∀` )

 

どのチームに行っても、親の負担は大なり小なり必ずあります。

しかし、それを忘れさせてくれる感動やドラマが中学野球のクラブチームでは味わえます。

それを信じ、お子さんと一緒に頑張ってください( ´∀` )

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメント

  1. May I simply say what a relief to discover somebody that
    genuinely understands what they are discussing over the internet.
    You actually understand how to bring a problem to light and make
    it important. More and more people must check this out
    and understand this side of your story. I was surprised that you are not more popular given that
    you surely have the gift.

タイトルとURLをコピーしました